布から作られた生き物。私たちは縫いぐるみをファブリック クリーチャーと呼びます。元来は子供の玩具であったものを生活ニーズに合わせ、大人も心を躍らせる世界にイメージを広げて制作してきました。テディベアは100年以上の歴史を持ち、熊に似せて初期はリアルに作られ、そしてアレンジされてきました。

プティルウは1969年、「大人に夢」を理念に生き物をモチーフに、ファッション素材の布を使いキュートでユーモアを持った手作りの縫いぐるみを創作することから始まりました。玩具でない縫いぐるみ、ファブリック クリーチャーの誕生です。

雑貨マーケットが存在しない時代から、様々な要望に応え独自の発想でユニークでオリジナリティに富む製品で、社会の多様化と共に歩んできました。ファブリックの優しさとファッション性と新たなアイデアで作る、愛らしい生き物は人の感性に響き、ライフスタイルを豊かにしています。

会社のロゴのオオカミはプティルウのマスコットキャラクターのルールーです。【Petit Loup】は小さなオオカミという意味があります。