蟻通神社と巫女ベア

こんにちは常務の長田です。
TB365ベア 15周年企画のアイデア大賞に選ばせていただいた巫女装束。

ただ作るだけでなく、何かできないだろうか?と考えていたところに、
社長のお知り合いの紹介で神社さんを尋ねることに。

蟻通神社はプティルウの地元、泉佐野市の氏神様。大変な由緒があると知って驚きました。
紀貫之が和歌を奉納していたり、清少納言の枕草子にも蟻通伝説が登場していたり。

大きな神社さんではないのですが(すみません)、由緒由縁はメジャー級。

宮司さんを訪ねて我々の取り組みをご説明し、趣旨をご理解いただき、
打合せを経て、ご祈祷の日取りとなりました。

幸せ巫女ベアと巫女装束

蟻通神社 ご祈祷の様子

蟻通神社 ご祈祷の様子です。

蟻通神社の能舞台

蟻通神社の能舞台。

蟻通神社境内中央にある能舞台。かなり年季が入っていますが立派な舞台です。
紀貫之が和歌を奉納したエピソードを題材にして世阿弥が作った謡曲「蟻通」も開催されます。
夕刻に開催される薪能(たきぎのう)は、かがり火に浮かぶ幽玄の世界を味わえると人気だそうです。


興味津々の私は前売り券買いました。
今度の能の開催は9月18日。演目は「紅葉狩」楽しみです。

今回の巫女ベアのような、お客様に新しい喜びや楽しさ提供と
地域振興が同時にできるようなプランを進めていければと思います。

蟻通神社「ありとほし薪能」 ご案内はこちら
プティルウ本店「しあわせ巫女ベア」はこちら